CHECK

シーンによって違うネクタイの要件

シーンによって違うネクタイの要件

ネクタイは男性ファッションの重要なアクセサリーの一つで、異なるシーンや場面では求められる要件が変わることがあります。例えばビジネス環境ではネクタイはプロフェッショナルな印象を与える必要があるので、シンプルで洗練されたデザインが適しています。無地やストライプ模様が一般的で、シックな色合いが好まることや、幅は中庸で派手すぎず控えめな印象を与えることが求められます。 カジュアルな場面では要求事項が異なり、カラフルでユニークなデザインが適当だったり、テキスタイルや素材に多様性が求められます。幅も細めのものから広めのものまで選択肯定され、個性的なスタイルを表現できます。 結婚式やフォーマルなイベントでは、ネクタイの要求事項が高まります。例えばシルク素材の光沢がありクラシックな柄では、ペイズリーやジャカードなどの明るい色合いあります。また幅は一般的に広めで、装飾的なアクセントが付いたネクタイが好まれます。

覚えておきたいシーンごとに異なるネクタイ柄のマナー

基本的に無地のネクタイは慶事・弔事に向いており、ビジネスシーンにはややシンプルに感じる可能性があるため色選びを注意したいところです。なお慶事の場合はシルバーもしくは白色、お通夜やお葬式など弔事にはブラックを使うのがマナーとなっています。ストライプ模様が左から右にかけてのぼっていくネクタイ柄はレジメンタルと呼ばれており、王道の柄の1つとなっています。弔事には不向きでビジネスシーンでは定番、シルバーや白でさりげない柄になっているのなら慶事用に使えないこともありません。細身の人や強面の方には柔らかい印象となるドット柄、少しお洒落な装いにしたい際には小紋柄が良いでしょう。共に職場で使えるものであり、慶事・弔事にはあまり使わないと考えておいてください。チェック柄はややカジュアルな印象となるため、職場・シーンの雰囲気に注意して使うのが大切です。服装が自由な業界・職場であれば、ペイズリーもおすすめです。

おすすめ ネクタイ ギフトに関する情報サイト
ネクタイについて知りたい!

このサイトではネクタイの基本から、シーンに合う要件などの情報を掲載しています。柄ものの魅力なども紹介しており、ビジネスやパーティなどのシーンに合うデザインを見つけるのに苦労している方々は、このサイトの情報をチェックしてください。クールな印象を与えたい時や、優しい印象を与えたい時にぴったりなデザインを見つけることで、ビジネスシーンでも活躍の場を増やせます。生地の色や模様を変えて、理想的な自分を作り出すことをおすすめします。

Search