CHECK

対面が増えてきたので今一度見直したい!ネクタイの基本についてくわしく解説

ビジネスシーンで目上の人や、他社の従業員と対面で話すことが増えてきた方々のために、ネクタイの基本について解説します。最初に意識したいのは結び方の種類で、シンプルなプレーンノットという結び方は、就職活動や結婚式などの多くのシーンで使えます。商談などの場で自分の存在感を出したい時には、ウインザーノットという結び方が最適です。ふっくらとした結び目を作ることで引き締まった見た目になり、誠実なイメージを作り出せます。結び方にこだわりを持つことがネクタイの基本で、シーンに合う結び目を作るのが理想的です。

気にしたことがないネクタイの起源

ネクタイは男性のフォーマルな装いに欠かせないアイテムです。その起源は古代ローマにまで遡ります。ローマ時代には、兵士たちが首を守るために布を巻いたことが発端とされています。その後ヨーロッパで発展し、貴族たちの装いに取り入れられました。 実際の形状は、17世紀のクロアチア傭兵が着用していたクロアチア結びという結び方に由来しています。この結び方はフランスで紹介され、広まっていきました。それからイギリスで現在のような長めのものが登場し、一般化することとなりました。 ネクタイはフォーマルな場でのマナーやスタイルを重んじる文化の一環として、現代でも愛用されています。ビジネスシーンでの着用は、凛とした印象を与え信頼を醸し出す効果があります。 ネクタイの起源は古く、その形状やスタイルも様々なルートを辿ってきました。しかしネクタイの本質は変わることなく、今でも男性の装いを引き立てるアイテムとしての役割を果たしています。

ネクタイの幅はナローやワイドなど大きく分けて3種類

ネクタイの印象を決めるのが幅です。この見た目の違いで印象が変わってくるので、シーンやスーツによって変えるのもおすすめです。まず一般的な標準幅が7.5㎝から8.5㎝です。これが基本となっています。次に狭い幅のナローと呼ばれるのは6.0㎝から7.0㎝です。今はそれより細いタイプのネクタイも出ていますが、ナロータイプでも引き締まった印象に役立ちます。3つめにワイドと呼ばれる太めのネクタイですが、9.0㎝以上で上限はありません。この3つのタイプに大きく分類されていて、少しの違いですがそれでも印象を左右します。逆に言えば他人が見た時に、スーツと合っていないと思われてしまう可能性も有ります。このネクタイの種類はスーツの襟幅と同じくらいにするのが基本です。するとすっきりとした首元に見えて、一番きれいに見せることができます。ワイドからナローまでありますので、幅にこだわって選ぶことができれば、精通した人となれるでしょう。

意外と難しいスーツとネクタイの色の合わせ方

スーツにはネクタイは欠かせない存在といえますが、意外と色合わせが難しく悩んだ経験を持つ人も多いのではないでしょうか。同じスーツでもネクタイの色柄によって、印象は大きく変わってきます。 迷ったときは、同系色で選ぶと統一感が出るのでおすすめです。定番のカラーは用意しておきたいところですが、ビジネスシーンで使うならとりあえず紺を選ぶことをおすすめします。どのようなシーンでも幅広く対応できますし、真面目で誠実な印象になるのでビジネスシーンにはぴったりといえます。主張しすぎないグレーも使いやすい色といえますし、茶色は温かみがあり穏やかな雰囲気を演出できます。 色選びはもちろん大切ですが、生地の質感が合っているかどうかも大事なポイントになるのでバランスを考えて良いものを選んでいきましょう。 積極性をアピールするなら、赤系統も向いています。 着用するシャツによっても、選ぶネクタイの色は変わってきます。無難な白であればどのカラーも無理なく合わせることができますが、ブルーなどカラーシャツの場合は、全体のバランスを見ながら考えていきましょう。

ネクタイに使われる素材による違い

ネクタイの素材には天然のものと、化学繊維を使用したものがあります。色や柄だけではなく、素材によってネクタイの個性を出すことはそれほど難しくありません。たとえば、上品さを演出したいときは天然のシルクがお勧めです。控えめな光沢感と伸びやすさを持つシルクは、ビジネスシーンでも着用出来るためひとつ持っておくと便利なアイテムとなります。秋冬にはあえてウールのネクタイを着用することで、温和な印象を持たせることも可能です。薄めで軽いものを探しているときには、麻を使用したネクタイがお勧めと言えます。清涼感のある雰囲気づくりも可能で、麻であればチェックやストライプといった可愛らしい柄が似合うものです。化学繊維で選ぶなら、ポリエステル繊維の商品が最も手頃なアイテムと言えます。光沢感が強めに出やすいポリエステル繊維は、白いシャツとよく似合うものです。ユニフォームなどにも使われます。控えめな輝きが欲しいときには、レーヨンのアイテムを使用するのも良いでしょう。

プレーンノットだけではもったいないネクタイの結び方

ネクタイは、男性のファッションアクセサリーとして非常に重要なアイテムの一つです。これを結ぶ方法も、そのスタイリングにおいて大きな違いを生む要素です。プレーンノットは基本的な結びであり、シンプルで清潔な印象を与えますが、他にも様々な結びがあり、そのネクタイの印象を変えることができます。 まずウィンザーノットは、プレーンノットに比べて幾分洗練された印象を持つ結び方です。ウィンザーノットは、この幅に合わせてボリューム感を演出し、特にビジネスやフォーマルな場面でよく選ばれるのです。この結び方は少し手間がかかりますが、その結果これがより立体的に見え品のある印象を与えます。 ハーフウィンザーノットは、ウィンザーノットよりもシンプルながらも洗練された印象を持つ結びです。ネクタイの幅によらず適用でき、カジュアルな場面からビジネスシーンまで幅広く使えます。ハーフウィンザーノットは、スピーディーに結ぶことができるため、忙しい朝の準備にも便利です。 クリスタイ紐(またはエルドリッジノット)は、非常に派手で個性的です。これは、ネクタイの幅によらず適用でき、ユニークな見た目を持つのです。クリスタイ紐は特別なイベントや派手な場面で楽しむための選択肢として知られています。 最後にフォーアンドハンドは、プレーンノットよりもボリューム感があり、カジュアルなスタイルに合う方法です。

ネクタイは立体的にすることで美しくなる

ビジネスマンとして働いている以上、常に清潔感のある身だしなみにしていくためにシルエットが綺麗に見えるスーツの存在は欠かすことができないですが、同時にネクタイのデザインや形状に関してもこだわっていくことが非常に大切になってきます。 折角上質なスーツを仕立ててもらったにも関わらず、付けているネクタイがクタクタの状態で見た目が悪いとダサい印象になってしまうことも十分に考えられるので、周囲から笑われることがないように立体的なシルエットを目指すことが重要だと言えます。 ネクタイを立体的に見せることでどのような効果が発揮されるのかというと、見た目がシュッと引き締まってスタイルが良く見えるようになること、美しさと上品さが備わってできる社会人として認めてもらえるようになること、知性的で信用度が増すことで業績アップにつなげることが可能になるなど実に様々です。 立体感をアップさせるコツは結び目を少し大きく見せることが大切になってくるので、これから結ぶ際にはぜひ参考にしてみてください。

知っていると自慢できるネクタイの各部名称

大人の男性は、フォーマルな場面でネクタイを着用することが一般的です。しかしネクタイをただ着用するだけではなくその各部名称を知っていることは、一歩上の紳士としてのマナーを身につけた証でもあります。 ネクタイは、細長い布地を指す本体と本体を結び付けるための、裏地とから成り立っています。本体は上下に折り曲げられ、前身頃と裏身頃に分かれます。また裏身頃の上端には、釦留めと呼ばれる小さな留め具がついています。 そして最も重要なパーツが、前身頃に形成される結び目です。結び方は様々ありますが、代表的なものにウィンザーノットやハーフウィンザーノット、プリンスアルバートノットなどがあります。結び目の形によって、印象も変わってきますので様々な結び方を習得しておくことが大切です。 ネクタイを知り尽くしていると、どんな場面でも自信を持って着こなすことができます。一見シンプルなアイテムですが、その奥深さを知ることによって、着こなしの幅が広がります。

ネクタイで重要なディンプルの作り方

ネクタイのディンプルは、結び目の下に存在するくぼみのことです。ビジネスシーンなどでは、こういった着方をしておくことが基本ですので一般的な結び方を理解しておかなくてはいけません。簡単な方法では、結び目の下に指を入れてから、その部分を押さえて結び目を締めるという方法が存在します。1日キープしたい場合には、すき間に指を入れてディンプルを深めに折るという対策があります。ネクタイの結び方はいくつか存在しますが、共通しているのが力を入れすぎると結び目が崩れてしまう可能性が存在するという点です。実際に、場合によってはこういったくぼみを作る場所は異なります。簡易的な方法は、センター部分に作っていくものですがより複雑になると、左右1個ずつに作る方法も存在します。より華やかな場所を望むならば後者の方が好ましいですが、この場合でもやり方はさほど変わりません。結び目を締めた後でも十分に作れますので、まずはどういった形にしたいのかを決めることです。

ネクタイの前面はエプロンや大剣と呼ばれる

ネクタイの前面がエプロンと呼ばれることには、歴史的な経緯があります。元々18世紀のフランスで流行し始めた装飾品であり、社会的地位や洗練されたスタイルを示すために使用されました。当時、フランスの農民たちはエプロンを身に着けて労働に従事していたためネクタイの全面がエプロンと呼ばれたのです。 また、ネクタイの前面が大剣と呼ばれる理由については、18世紀のイギリスでの起源が関係しています。当時、英国の上流階級の間で剣の着用が一般的であり、社交の場では必須アイテムでした。剣の柄に似た形状をしており、そのためにネクタイの前面が大剣と呼ばれるようになったのです。 以上のように、前面がいろいろな名で呼ばれるのは、歴史的な文化や風習に由来しています。このような命名は、当時の社会的な背景や風俗習慣を理解することで、より深く理解されることでしょう。前面が持つ意味や由来を知ることで、文化的な要素をより楽しむことができるでしょう。

おすすめ ネクタイ ギフトに関する情報サイト
ネクタイについて知りたい!

このサイトではネクタイの基本から、シーンに合う要件などの情報を掲載しています。柄ものの魅力なども紹介しており、ビジネスやパーティなどのシーンに合うデザインを見つけるのに苦労している方々は、このサイトの情報をチェックしてください。クールな印象を与えたい時や、優しい印象を与えたい時にぴったりなデザインを見つけることで、ビジネスシーンでも活躍の場を増やせます。生地の色や模様を変えて、理想的な自分を作り出すことをおすすめします。

Search